歯科のマウスピース

歯科のマウスピースについて

歯科でのマウスピース矯正が人気

無意識のうちにしてしまう「歯ぎしり」ですが、原因は仕事、家庭問題などストレスである場合が多いです。歯ぎしりを矯正するには、歯科医に相談して、自分に合ったマウスピースを作ってもらうとよいでしょう。作成には保険が適用され、一般的な相場は5千円から6千円ぐらいです。種類も様々で、歯の色に合わせた白色タイプ、矯正が目立たない透明タイプなどがありますが、最近は表から見えない歯の裏側に装着する、舌側タイプが人気です。歯ぎしりは放置しておくと、頭痛、肩こり、顎関節症、歯の削れなど、他の症状を引き起こすことがありますので、早めに歯科でマウスピースの相談をすることをおすすめします。

マウスピースの必要性について

眠っている間に歯ぎしりをする場合には、歯科医院などで自分にあったマウスピースを作ってもらうと良いでしょう。歯ぎしりは、自分の歯にダメージがあるだけではなく、近くで一緒に眠っている家族にも、たいへんに迷惑が掛かることがあります。また、あごの関節にも強い力が掛かるために、顎関節症などを患ってしまう場合もあることでしょう。眠っている間は、歯科医院で作ったマウスピースを嵌めることによって、歯ぎしりの音を抑えることが出来ますし、歯やあごなどに力を掛けることが軽減されますから、今まで感じていた痛みを抑えることも可能です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; マウスピースの種類について All rights reserved